TOP > 自己紹介 > 機材紹介 > Studioひょろり庵 PA系機材

Studioひょろり庵 PA系機材


いつもひょろりが作曲とかレコーディングとかする時に使う機材をちょっとまとめてみました。

まぁそんな大した物は無いんですが、載せてみようかなぁと思って。

それでは早速いってみましょうStudioひょろり庵 PA系機材はこんなのがあるよ!?編!


ちなみにソフト面では無くハード面です。

ソフトウェア面で使っているのは


シーケンサー:Cubase5

VSTi:色々

ミックス系エフェクター:色々

ギター音源:GuitarRig5


みたいな感じですかね。

それじゃハード面は写真を沢山取ったのは見ながら解説を入れていきましょう!

まず最初はこちらです!





はいっ!!


ちょっとお掃除する前に撮ったので鍵盤が汚れてますが、

「MADOKA(HIROMI)NO.1」を作った時に1回キレイにしたので今はキレイです。

こちら、EdirolさんのPCR-300というMIDIキーボードですね。

鍵盤の上のボタンとかフェーダーとかツマミとか、

Cubaseを起動して実際こっちでコントロールできるようアサイン出来るんですが1つずつ手動でやっていかないと駄目なのが面倒('A`)

そしてひょろりの机の上が狭いからですが33鍵のこのMIDIキーボードでぎりぎり置けるかどうかです。意外と不便。

鍵盤をオクターブ上げたり下げたりするボタンあって便利なんですが、でも意外と不便。

だがしかし、ギターやベース等の生楽器以外を打ち込む時は非常に重宝してます。

特にピアノとかね。これからはストリングスやブラスセクションの打ち込みに役立ってくれる事でしょう!

ではお次はこちら!





BOSS BX-4 4CHANNEL STEREO MIXER


はい、モノラル4チャンネル、ステレオ2OUTの簡単なミキサーでございます。

今使ってるオーディオインターフェイスでは特に使う必要はないんですが、

以前使ってたオーディオインターフェイス(何だったか不明)の時に入力CH増やすのに使ってました。

シンプルですが音質も良く使い勝手も良いので今でもたまに使う事があります。

中学生位の頃に手に入れたんですが、ずーっと何に使っていいのか分からず…最近というかここ数年で使うようになったというw

なんというか不遇な機材ですねw

では次いってみましょう!





Roland OCTA-CAPTURE


10in10outという非常に高いスペックのO/Iですが、そんなに使ってませんw

ただ、ひょろり庵ラジオ ひょろりのHARAPEKOPIEを作る時に、

ゲストコーナーでひょろりはCubaseのトラック1、スカイプで話してるゲストがトラック2、そういう風に作りたいって楽器屋の店員に言ったら

このレベルのじゃないとそれは出来ないと言われ、買いました。実際は全然使いこなしてないですwHARAPEKOPIEも作ってないし(´・ω・`)

お金が溜まって色々更に周りの機材を整えられた時に公式に電話してサポートしてもらってある程度使いこなします。

取り敢えず今はこんな値段の高いの持っててもなぁ~って感じですね。売ってもっと安いのに乗り換えようか。

でもなぁ…難しいところです。まぁ使いこなせるように頑張ります!

それでは次はこちら!





BOSS BR-1180 MTR


いつの時代のMTRだっ!って感じですが、そうですね、物凄い前です。

これは同じ機材紹介のページの「その他機材」にも載っていますね。

もうコイツでの曲作りの方法は完全に忘れてて、なんでまだ持ってるのかっていうと、

ヴォーカル物作った時のヴォーカル録りに練習スタジオにこれ持って行ったりするのと、

HARAPEKOPIEを作る時に声を加工する為位です。他に用途は無いですね。

ちなみにヴォーカル録りはもっとコンパクトなMTRとか最近売ってる様なので買い替えようかと考え中です。

みなさん!あとコイツの存在意義はHARAPEKOPIEだけです!是非お便りください!!

では次行ってみましょー!





モニターヘッドフォンです。

この写真からaudiio-technica製であることは分かりますね。

さてではオーテクのなんなのか?

ATH-M20xなのか、M30xなのか、M40xなのか、まさかM50xか!?

正解は横から見れはば分かります、コチラです、はいどん!





ちょっと字が小さくて見え難いですが正解はATH-M20xでした!

以前使ってたヘッドフォンの型番が過去日記調べてもちょっと出てこなかったんですが、

3,000円位の結構モニター用ってかリスニング様のドンシャリなヤツ。あれが壊れて、どうしようどうしようってなってる時に

渋谷のIKEBEのパワーレックさん辺りのHPみたらこれが中古で2,000円(定価5,600円位)で売ってて、

他のM30x、M40x、M50x、SX1aなんかと聞き比べたんですがやはり最安モデルだけあって音がゴチャっとしますね。

折角2chステレオで作ってるのに音の定位がハッキリせず全ての楽器がガチャーンって鳴ってバランス取れない感じ。

妥協してもM40x以上からだと思います。まぁ僕はその時手元に金もヘッドフォンも無かったので妥協に妥協を重ねてM20xを買った訳ですが。

うーん、本当ならSX1a辺りが欲しい所なんですが高いんですよねぇ。でもまぁ頑張ってお金貯めて買いたいと思います!

それでは次いってみましょう!





はい、こちらモニタースピーカーというか普通にPC屋で売ってるPC用スピーカーです。

Owltechさんが発売していたスピーカーで型番が~OWL-SPWL22かな?中々良い音がします。

そうですね、具体的に言うならペアで1万円代のモニタースピーカーとならタメ張れると思います。

つまみは下から順に電源ON/OFF、BASS、TREBLE、VOLUMEとなっています。

ひょろりの場合はベースは全くブースとしてませんね。トレブルを結構ブーストしてます。

普段用としても使えるし、ミキシング時のモニター用としてもある程度使えます。便利です。

ただもうこの型番は廃盤になっちゃったんだっけな?今オウルテックさんのWebページ行っても該当の商品が見付かりませんが、

まぁこれは税込7,000円位なので良い買い物をしたかなっと個人的には思っています。

同じ性能でも「モニタースピーカー」って売り文句が付くだけでペアで一番安くても1万円余裕で越えますからね。



はい、という訳でStudioひょろり庵のPA系機材編でしたが皆さん如何だったでしょうか。

普段ひょろりはこんな機材を使って曲を作ったりしてます。

最近「MADOKA(HIROMI)NO.1」を作ったけどそれ一曲だけだし、もっと色んな曲を作りたいのが本音です。

でも一度付けた知識が無くなっていっているのも確かです。ギターの技術もね。

リハビリしてもっと沢山作曲するぞー頑張るぞ俺!

以上、Studioひょろり庵からお送りしました!!



戻る/ 機材紹介に戻る/ TOPに戻る