TOP > 自己紹介 > 機材紹介 > 使用ピック、シールド、弦

使用ピック、シールド、弦


はい、ではひょろりが現在使用しているピック、シールド、弦を紹介していこうと思います。(2016年現在)

まずはピックから。





はい、ピックはギター道場のピックレビューでも書いてある通りコレです。

Terry Gouldのポリアセタール製ピックで厚さは1.00mmです。

「2.00mm以下はピックと認めない!!」なんて言ってた頃が懐かしいですね。


まぁ点数的には90点位ですかね。あとちょっとだけ形がなぁって感じです。

でも弘法筆を選ばずとも言いますし今の所これが一番弾き易いですしね。

まぁピックはその時の好みに寄っても変わるんでこれから変わっていくかもしれませんが、

んー多分しばらく使い続けるかなぁ。

このピックの特徴とかはピックレビューのポリアセタールの項を見てください。詳しく書いてあります。

では次ー。





使用シールドです。

本当はシールド本体にロゴが入っているハズなのでその写真を撮りたかったんですが、

どこだか見つからなかったのでシールドの先端を撮りました。こちらです。はい、どどん。





さて、この時点でなんのシールドか分かる人はいるでしょうか?

コレはLive Lineというメーカーのシールドです。

ちょうど右手が指差してる所に「Live Line Japan」とロゴが入ってます。見えないですけどねw

ひょろりはオーディオオカルトは信じてない、っていうかプロビデンスとかモンスターケーブルとか有名所は一杯ありますが、

果たしてブラインドテストをしてちゃんと聞き分けられる人がどれ位居るだろうと…すいませんウソです。見栄張りました。

本当はひょろりもプロビデンスとかで揃えたいです!でも高いんです!!

昔は1m/100円とかの使ってたんですが、さすがにもうこの歳になってそれはないだろうと。

でも高いのは手が出ないしなぁ。と、いうわけでせめて日本製の信頼できるそこそこの物を、ということでLive Lineを使っています。

エフェクトのパッチケーブルなんかも全部Live Lineです。

シールドの太さもバカ太くなく取り回しも楽で良いです。

肝心の音質については比較対象が無いのでなんともですがまぁ日本製ってことで悪くは無いんじゃないかと。

あと耐久性に優れてますね。今使ってるヤツ何年前に買ったのか、少なくとも5〜6年以上前に買ったのは確かですが

ガリ、ノイズ、全然無いです。そういう所はやっぱり日本製って良いなあって感じがします。

これからも使っていくでしょう。ちなみにライブをやる時もLive Line使ってます。

はい、では次ー。


はい、お次は弦です。



「はずれ」って書いてあるのはこの弦買った当時、アタリが出ればもう1セットプレゼントみたいなことやってて、そのシールですね。

というわけでひょろりが使っている弦のメーカーはD'Addarioです。結構色んな弦を試しましたがやっぱり王道に落ち着きました。

しかし王道じゃないのは弦のゲージ。弦のセットの他に.008と.016のプレーン弦がありますね。これをミックスします。

基本になるのはEXL115 NICKEL WOUNDです。ちょっと小さいですがXLと書いてある下に「BLUES/JAZZ ROCK」と書いてあります。

このセットは1弦が.011から始まり6弦は.049という一般的なへヴィゲージより更にちょっと太いへヴィゲージなのです。

セットとしては、.011/.014/.018/.028/.038/.049というセットになっていますが、この中から.014と.018は抜きます。使いません。

そこに.008と.016を入れて、.008/.011/.016/.028/.038/.049と、こういう風になります。

トップは.008から始まるライトだけどボトムは.049というへヴィ。昔ギター工房に持ってった時に

「弦のバランスは変えない方が良いんですけどね」って

言われたんですがちゃんとダダリオ公式に「このセットで大丈夫ですか?」とメールで問い合わせて

「問題ありません。」お墨付きをもらってますから('∀`)b

HDDフォーマット事件でメールは無くなってしまったんですが、各弦の張力までちゃんと考えてくれてこの組み合わせで大丈夫ですと言ってもらいました。

でも、実はトップがライトでボトムがへヴィってのは結構へヴィゲージを愛用するジャズ界なんかではよくあることらしく、

ダダリオからもそんなセットが出ているようでそれのもっとライト版ですね、って言われました。

弦交換の時にちょっと手間は掛かりますがその分バランスの取れた、ある意味崩してるわけですが

1弦はチョーキングしやすくリフを刻むときには太い音が出るという普通の市販セットでは有りえないバランスの音を出してくれます。

オススメは〜どうでしょう、しないですねwやはりメーカーが出してる弦のセットが一番バランスが取れてると思うので。

やってみたいって人は是非どうぞ。話のタネにはなりますので。結構珍しがられます。

目立ちたがり屋さんには良いかもw「俺の使ってるの弦のゲージは〜」とかいって語りだしちゃったりなんかしてw

まぁ語る程の物でもないですけどね。



はい、というわけで使用ピック、シールド、弦の紹介でした。いかがだったでしょうか。

弦のゲージの組み換えには驚いた方もきっと多いでしょう。普通はしないですからね。

ま、そんな感じです。いやぁ〜凄い久しぶりにギター系の物更新したなぁ。ギター道場もこうやって

ぽんぽんぽんぽん更新できれば良いんですけどね。頑張ります!それでは!



戻る/ 機材紹介に戻る/ TOPに戻る