TOP > ギター道場 > ネックグリップクラシック式グリップ

ネックグリップ クラシック式グリップ


さて、今回もネックの握り方、

ネックグリップについて引き続きお話をします。

一つ前でロック式について書きましたが、

今度はクラシック式について説明します。




グリップその2.クラシックグリップ(クラシック式)


クラシックグリップは親指をネックの後ろに添えて

他の指がフレットと平行になるようにして持ちます。

HR/HMやプログレメタル系のギタリスト、

俗に言う「キチガイ系」「テクニカル系」のギタリストに好まれるようです。

こんな感じですね。





後ろから。





上から。





これがクラシックグリップです。

広い音域をカバーするワイドレンジなポジション

ストレッチフレーズリニアなポジションにも対応できます。


それと「コードのFが押さえられない」と悩んでいる人を多く見かけますが、

大体の人がロックグリップで押さえようとしています。


ネックグリップ ロック式」で実験をしたと思いますが、

ロックグリップでワイドレンジを押さえることはできません。

そして「コードのF」はワイドレンジです。

(※厳密にはボックスド・インです…多分(汗))

ぜひクラシックグリップで「コードのF」に挑戦してみてください。



さぁ、それではここで前回の実験の続きをやってみましょう。

ネックグリップ ロック式」で押さえようとした多分Em7(#11)です。

今度は同じポジションをクラシックグリップで押さえてみてください。



2弦12フレット(B)

3弦9フレット(E)

4弦7フレット(A)

5弦10フレット(G)



さて、みなさんどうでしょうか。

管理人はこんな感じです。





完璧。

押さえることの出来るそこのアナタ。

よく練習している証拠です。


押さえることの出来ないそこのアナタ。

練習すれば押さえれるようになります。



もちろんクラシックグリップにも欠点があります。

それは手が安定しないということです。

ロック式と違いネックを握り込むと言うよりは指を添えるような感じですよね。

クラシック式でチョーキングをしてみると分かりますが、

指にあまり力が入らず、上手くチョーキングできないハズです。

クラシックグリップはチョーキングやロック式のビブラートには不向きだと言えるでしょう。



ではチョーキングをしたり

ロック式のビブラートをかける時はどうすれば良いか。

それはもう皆さんお分かりですよね。

そう、ロックグリップを使いましょう。

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る