TOP > ギター道場 > アルペジオとストローク

アルペジオとストローク


今回はアルペジオストロークについてお話します。

ただ、どちらも詳細に書くとかなり長くなるので

詳しく別項で書こうと思います。

ここでは簡単に説明。




--アルペジオ--


アルペジオは分散和音といって

任意の和音を分散して演奏します。

任意のコードの構成音をバラバラに弾く

という解釈でも構いません。


また、アルペジオをする時には

直前に弾いた音を伸ばしながら次の音を弾きます。

例えば「C」というコードがあります。

構成音はド・ミ・ソ(C・E・G)です。

最初にドを弾いたらそのドを伸ばしながらミを弾いて

ミを弾いたらずっと伸びてるドにさらにミを加えてソを弾いて

最終的には全部の音が出た状態にします。

実際に弾くとこんな感じ。


弾いてみる


擬音で表すなら「ポロンポロン」でしょうか。

クラシックギターからエレキギターまで用途は様々ですが

歪んだ音で弾く場合には注意が必要です。


ギターという楽器の特性上

特定の和音以外はキレイに鳴らない

ということが起きてしまいます。

つまり音がグシャります。

ちょっと下のを聞いてみましょう。


歪みアルペジオ 激歪みVer.


歪みアルペジオ 軽歪みVer.


歪んだ音でアルペジオをする場合には

歪みの量に注意してください。


なお、アルペジオには色々な方法がありますが

ここでは「こういう演奏をアルペジオと言う」位で覚えておいてください。




--ストローク--


コードストロークと言うこともありますが

どちらも内容に違いはありません。

ストロークはアルペジオとは違い

コードの構成音をまとめて(一気に)弾きます。

実際に弾くとこんな感じ。


弾いてみる


擬音で表すと「ジャカジャカ」でしょうか。

フォークソング等で多用されることが多いですね。

もちろんロックやメタルでも使用します。


パンクなんかでありそうな五度コードの弾き方も

ストロークと解釈して良いと思います。

こんな感じのですね。


弾いてみる


ちなみに上から下にストロークすることをダウンストローク

下から上にストロークすることをアップストロークと言います。


ここで、ちょっと下のを聞いてみてください。


聞いてみる


このようにアルペジオとストロークが混ざったものがあります。

こういったものをアストロークと言います。











ウソです。


人前で「こういうのアストロークっていうんだぜ♪」なんて言うと

指差して笑われちゃうので気をつけましょう。

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る