TOP > ギター道場 > ビブラートエレキ式

ビブラート エレキ式


今回はビブラートについて書いてみようと思います。

あの透明な薄いフィルムで薬とkビブラートです。



ビブラートは中級者さんでも出来ていないケースが多いです。

そして管理人も上手く出来ません。

しかし、ビブラートは数あるテクニックの中でも

最も使用頻度が高いと言っても過言では無いかもしれません。



ビブラートは、弦を揺らすことで音に表情を与えるテクニックです。

「弦を揺らす」と書いていますが、厳密に書くと

弦を引っ張ったりして張力を調整しつつ音に高低差をつけるということです。

チョークアップとチョークダウンを繰り返す、という行為にも近いかもしれません。

実際に弾いてみるとこういう感じの音がします。


弾いてみる ビブラート無しVer.

弾いてみる ビブラート有りVer.


カラオケなんかが得意な人はにビブラートをかけていますよね。アレです。

ビブラートはギター特有のテクニックではなく

打楽器以外の全ての楽器に共通するテクニックです。


また、ビブラートをかける上で重要なのはピッチです。

チョーキング時のように半音、1音と決める必要は無いですが

一定の幅で揺らすことが必要です。

バラバラに弾くとこんなんになっちゃいます。


弾いてみる


うまくバラバラ感が出ていませんが気にするな。

それと、よくあるのはビブラートをかけているのは分かるんですが

弦を動かす幅が狭すぎて実質ビブラートがかかっていないケースです。

中級者さんも1度見直してみましょう。

また、何もビブラートは単音でのみ使用するというわけではありません。

複数の音を鳴らす和音でもビブラートをかけることは可能です。


ビブラートがしっかり出来ればそれだけで中級者と名乗っても良いと思います。

逆に、これが出来なければいくら指が速く動いても初心者です。



つまり管理人は初心者です。


さて、では具体的な方法です。

ビブラートをかける時はチョーキングと同様に

手首全体を使って弦を押し上げる必要があります。

指先だけだとピッチが不安定になるので注意しましょう。


ちなみに、ビブラートの習得期間の目安ですが

1週間とか1ヶ月で出来るとは思わずに一生かけて練習しましょう。

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る