TOP > ギター道場 > その他チョーキング編

チョーキング その他のチョーキング編


はい、またしてもチョーキングテクニックです。

今回はポルタメントチョーキングユニゾンチョーキングについて説明します。




-ポルタメントチョーキング-


これは知らない人が多いと思います。

知名度的な話をするなら




ド○えもんに出てくるキャラの名字より知られていない

可能性があります。

でもチョーキングにも色々種類があるんです。

折角なので覚えてあげましょう♪

ちなみに、ギタースコアなんかではPort.Cなんて書かれてる場合が多いですね。




ポルタメントチョーキングは、通常のチョーキングよりも

ゆっくり音程を変えるテクニックです。


具体的にはこんな感じ。

最初は普通のチョーキング。

その次がポルタメントチョーキングです。


弾いてみる


普通のチョーキングとはちょっと違う感じに聞こえませんか?

使い所としてはそうですねぇ。。。



あまり無い個人の好みで良いと思います。


コツと言える程のコツも無い気がしますが

注意するのはゆっくりと音程を変えること。

そのまんまですね♪





-ユニゾンチョーキング-


はい、こっちは重要なテクニックです。



ド○えもんで例えるなら




どこでもドア



ユニゾンチョーキングとは

複数の弦を同時にチョーキングするテクニックです。

これは非常によく使われます。

多いのは1弦&2弦や2弦&3弦でしょうか。


ちょっと下の図を見てください。





この形でのユニゾンチョーキングがよく使われると思います。

ちょっと弾いてみましょう。

最初は左の方、次は右の方です。

弾いてみる


こんな風な音が出ます。

フレーズに組み込むならこんな感じ。

これも 最初は左の方、次は右の方です。


弾いてみる


ユニゾンチューキングをするにあたって

特にハーモナイズとかを考える必要は(多分)無いと思うんですが

色々と試して心地良い音を探してみてください。


なお、上の図で表しているポジションですが

弦を2本ともチョーキングしても良し。

また、片方のみチョーキングしても良しです。

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る