TOP > ギター道場 > チョーキングチョークアップ編

チョーキング チョークアップ編


はい、今回はチョーキングについてです。


チョーキングは弦を押し上げることによって徐々に音程を上げる(下げる)テクニックです。

チョーキングの中にもいくつか種類があるので、数回に分けて説明しようと思います。

ちなみに、同義語として「ベンディング」という言い方がありますがやることは同じです。



-チョークアップ-

チョーキングというと一般的にはこれのことで

弦を押し上げることによって音程を徐々に上げていきます。

上げ幅も半音、1音、1音半、2音2音半3音くらいまであります。

もちろん、弦を押し上げればそれだけ弦にかかるテンション(圧力)が上がりますので


やりすぎると弦切れます


レギュラーチューニング(EADGBE)では2音半くらいが限界だと思いますので

2音チョーキングくらいで留めておきましょう。

実用的なのも半音から1音半、2音程度です。


ちなみに、ひょろりは常にレギュラーより半音低いチューニングでギターを弾いてたので

2音半は常識でした。

3音チョーキングとかもやりました。


興味のあるアグレッシブな人は是非。



ではここらでチョークアップの具体例として図1を弾いてみます。


図1




弾いてみる


こんな感じになります。

ザック・ワイルドなんかよく使ってますよね。

このフレーズは定石と言えるものなので覚えておいて損は無いです。

色んなところで使われていますし、色んなところで使えます。


また、具体的にチョーキングを盛り込んだフレーズだとこんな感じ。


弾いてみる


それではチョークアップの方法について説明します。

チョークアップする指は主に薬指です。

指で押し上げるというよりは手首を捻りつつ指を伸ばす感じです。

文字で説明するのは難しいので、何度も何度も繰り返し練習してください。


チョークアップする際には一般的に上方向(6弦側)に弦を押し上げます。

しかし、4弦等をチョークアップする必要がある時には下方向(1弦側)へ押し下げるのもありです。

もちろん上方向でも構いません。

要は臨機応変にってことです。


また、薬指だけでなく小指や中指でチョークアップできると便利です。

人差し指をチョークアップに使うことはあまりありませんが、練習するのもおもしろいかもしれません。



次に説明するのは一番注意することです。

それはチョークアップ時のピッチ(音程)。

弦を押し上げることによって音程を変えるテクニックなので

正確なピッチをキープすることが難しいです。

半音なら半音1音なら1音


確認方法として、例えば2弦5フレットを半音チョークアップする場合

チョークアップした音は2弦6フレットと同じ音になります。

また、2弦5フレットを1音チョークアップする場合には2弦7フレットと同じ音になります。


正確なピッチでチョークアップできているか常に確認しましょう。


このピッチが正確でないと、例えばドとド#の間の音とか微妙な音程になってしまいます。

正確なピッチを保てないチョークアップは




顔の濡れたアンパ○マンと同じです。




むしろそれ以下です。


気をつけましょう。

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る