TOP > ギター道場 > ブリッジミュート

ブリッジミュート(パームミュート)


今回はブリッジミュートについてです。

同義語として「パームミュート」というものがありますがやることは一緒です。

これはロックギターなんかをやる上では欠かせない必須テクニックなので

しっかりと練習しましょう♪



ブリッジミュート、これはギターのブリッジの部分に右手を乗せて

ミュート(消音)しながら弦をピッキングするテクニックです。

具体的にはこんな感じ。



これをブリッジミュートしないで弾いてみましょう。

弾いてみる



では次に、これを下のようにブリッジミュートして弾きます。



こんな感じになります。

弾いてみる



P.M.と書いてあるところがブリッジミュートする所ですね。

このタブ譜ではブリッジミュートではなくパームミュートの略記としてP.M.と書かれています。

聞けば分かるとおり、歯切れの良さというか、ヘヴィな感じというか

こういう効果を出すために用いるテクニックです。



イメージとしては、弦の余計な振動を取るという感じで良いと思います。

ただし、以下の点に気をつけましょう。


・ブリッジを強く押さえ過ぎると弦が鳴らなくなる

シンクロナイズドトレモロフロイドローズ等のブリッジが浮いている状態の場合、

 強く押さえ過ぎるとピッチ(音程)がシャープする

ネック寄りの場所を押さえてしまうと今度は弦が鳴らなくなる

ブリッジ側に行き過ぎてしまうとミュートしきれずにだらしなく弦が鳴ってしまう



曖昧なピンポイントを覚えましょう


ちなみに、ひょろりは生音でもバキバキいっちゃうくらいのブリッジミュートが好きです。



ブリッジを押さえる部分は↓の写真参照。






赤いマルの部分を↓の写真のようにギターのブリッジに添えます。





ちょっと手を浮かせるとこんな感じ↓。





で、弾くと。







では具体的にどんな使われ方をするか。

ちょっと以下にいくつか参考例を上げてみます。



初級編


ノンブリッジミュートVer

ブリッジミュートVer


TAB譜はこちら





「PM」と書いてある所がパームミュート(ブリッジミュート)する所ですね。

「sl」と書いてある場所はスライドです。スライドアップ、スライドダウン、両方使っています。

スライドについての詳しいことはスライドとグリッサンドを見て下さい。



中級編


ノンブリッジミュートVer

ブリッジミュートVer


TAB譜はこちら。





基本的に同じフレーズの繰り返しですね。

ブリッジミュートする箇所が16分音符なので素早いピッキングと、

素早いブリッジミュートとノーマルの弾き方への変更が求められます。



中の中級編


※中の中級編のノンブリッジミュートVerは難しすぎて録れませんでした都合上無しです。

ブリッジミュートVer


TAB譜はこちら。





1小節目だけ楽譜的におかしいです。でもまぁTAB譜と音源を聞いて補完してください。

これは、結構弾くのが難しいと思います。全体的に16分音符が多い上に4弦、5弦を行ったり来たりします。

「PM」は初級編で書いた通りです。

2小節目に「sl」というスライドが出てきますが、これはグリッサンドで弾いてます。

それともうひとつ。2小節目に「p」という記号がありますが、これはプリングです。

プリングについてはプリングとハンマリングとトリルを見て下さい。

で、あと繰り返し記号がついていますので同じフレーズを2回繰り返してください。



面倒くさい為タブ譜は書きませんが、できればコピーしてみてください。

TAB譜書きました!(2012/1/27)

これでブリッジミュートの効果が実感できるかも♪

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る