TOP > ギター道場 > ピッキング

ピッキング


ひょろり流 漢(おとこ)のピッキングスタイル



ピックは少々深めに持ちましょう。

そして思い切り握りこみましょう。

弦に対して垂直に当たるように。角度をつけないで。

力を込めて。思いっきり力を込めて。

生音でも「バキバキ」いう位の力で弾きます。

感覚としては弦をヘシ折る感じです。


この時、握りこんだ力で変形するようなピックや

弦に力一杯押し当てることで変形するようなピックは



ピックと認めません。



具体的な厚さで言うと



2.00mm以下はピックと認めません。

※追記 こんなことを言っていた管理人も今は1.0mmのピック使ってます




2.00mm以下のピックで演奏する場合、

また、一般的なピッキングがしたい方は以下を参照しましょう。

ギターを弾く上でのピッキングの方法としては、主に3種類あります。

ダウンピッキングアップピッキングオルタネイトピッキングの3種類です。



-ダウンピッキング-


まず最初はこれからやりましょう。

弦を上から下へ向かって弾く方法ですね。

これをダウンピッキングと言います。


意識する点は、常に同じ力で弾くこと。

また、一定のリズムを保って弾くこと。


この2つができたら、次は強弱をつけたり、緩急をつけたりしましょう。

練習をする際は、1つの弦のみをずっと弾く感じですね。





これで一定の力、一定のリズムで弾けるようになったら、次は弦を移動させます。





ちなみに、全てダウンピッキングです。



上の練習に慣れてきたら、次はアップピッキングです。



-アップピッキング-


これは弦を下から上に向かって弾く方法です。

これをアップピッキングといいます。


意識する点はダウンピッキングと一緒です。

練習方法も同じなので、今度はアップピッキングのみで頑張りましょう。



さて、ダウン/アップのどちらもできるようになったら、次はオルタネイトピッキングです。



-オルタネイトピッキング-


これはダウンピッキングとアップピッキングを交互に繰り返す方法です。

これをオルタネイトピッキングといいます。


意識する点はやっぱりダウン/アップピッキングと同じです。

練習方法も同じです。

この3つのピッキングをマスターできるように練習しましょう。



-ピッキングの際に注意すべきこと-


さて、ピッキングをする時には必ず意識してもらいたいことがあります。

それは弦をこすらないようにピッキングすることです。

少し分かりにくいですね。


もの凄いゆっくりピッキングすれば分かると思うんですが、

ピッキングはいくつかの工程に分けることが可能です。


1.ピックが弦に触れる


2.ピックが弦の上を滑る


3.ピックが弦を弾いて音が鳴る



2番の時間をできるだけ短くしましょう。

歪んでいないクリーントーンだと分かりづらいのですが、

歪ませた音でやればよく分かるはず。

ピックが弦の上を滑っている時にはノイズが出るんですね。

このノイズが邪魔者です。いりません。

なるべくピックを滑らせないように、一気に弾く。


じゃあノイズが多いピッキングと少ないピッキングの違いは何か。

それは弦に対してのピックの角度です。

図で説明しましょう。

まずピックを斜めにした場合。





黒丸は弦、線はピック、数字は工程、矢印は力の向きです。

この場合、一定の力をピックに加えてもピックに角度が付いているので、

弦に当たった時に力が斜めに逃げてしまいます。

つまり弦という障害物の外周に沿って滑ってしまうんですね。

この時のピックが弦にこすれている音がノイズになります。

これは悪いピッキングです。



では弦の外周に沿って滑らなくするにはどうすれば良いか。

そう、弦に対してピックを垂直に当てればOKですね。





今度は弦に対してピックが垂直になっているので、

弦の外周に沿って力が逃げるということはありません。

弦という障害物に真正面からぶつかることになるので

ある程度の抵抗は受けますが、しっかりピッキングすれば

弦を押しのけて力が下まで伝わります。


この時、ピックではなく弦が力に負けて動くので

多少は弦の上をピックが滑ることになりますが、

これはピッキングをするという行為の上で避けることはできないので

必要最小限の範囲であれば滑っても問題ありません。

これが良いピッキングです。





ピッキングは基本的なテクニックだからとか、

「簡単簡単♪」なんて思って怠けると後で苦労してしまいます。

特にこういう所の差は物凄い出ます


普段からピックが斜めになっていませんか?

もし簡単なフレーズではちゃんと垂直に当たっていても、

スウィープ等の弦移動が多い時にピックが斜めになっている人、いませんか?










…はい(泣)

基本的なテクニックだからこそ、しっかりと練習しましょう♪

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る