TOP > ギター道場 > エフェクター選び コンパクトエフェクター

エフェクター選び コンパクトエフェクター


さて、それではエフェクターにはどんなタイプがあるのか。

エフェクター選び はじめてのえふぇくたー」では

機能面でかなり物凄くザックリと分けましたが、

ここでは物理的にどんな形状の物があるのか、という話です。

要はコンパクトエフェクターとかマルチエフェクターとかですね。



エフェクターは大きく分けると3種類あります。

コンパクトエフェクターマルチエフェクターラックエフェクターです。

ここではコンパクトエフェクターについて説明していきます。



・コンパクトエフェクター


コンパクトエフェクターはディストーションならディストーションだけ、

ディレイならディレイだけ、イコライザーならイコライザーだけ、という風に

エフェクターの機能ごとに単体で売られている物を指します。

一般的な価格帯は大体5千円前後から2万、3万円あたりまで。

長所は組み合わせの幅がとても広いことです。

例えば


ディストーションはA社が好き。

でもディレイはA社じゃなくてB社が好きなんだよなぁ。

あとC社のコンプレッサーは良いよね、最高。



こんな場合。

A社のディストーションとB社のディレイとC社のコンプレッサーを買ってきて

全部繋げばほらご機嫌なサウンドが。

好きなように組み合わせることが可能です。


また、「俺はオーバードライブだけあればいいぜ!」なんて場合も

コンパクト1個持ち歩くだけなら大きなマルチを持ち歩くより楽です。

セッティングもすぐ終わりますしね。



ただし欠点もあります。

マルチと比較して最大の欠点となるのはやっぱり機能の数

マルチが色んな音が出るのに大してコンパクトはその機能しかありません。

ディストーションならディストーション、ディレイならディレイ。

値段的にも機能単位で考えればマルチよりは当然割高になります。


また、例えばコンパクトエフェクターでマルチ並みの大きなシステムを構築しようとした場合、

A曲用セッティングの為にオーバードライブとEQ、リバーブとディレイにワウペダル、

B曲用セッティングの為にディストーションとコンプとワーミーペダル、

C曲用セッティングの為にあれとこれとそれと、なんてやってると

スタジオ練習やライブの時に物凄い数の機材を運ばないといけなくなります。


コンパクトエフェクターは1つずつ繋げていかなければいけないのでパッチケーブルの量も大量になりますし、

電池で動かすにせよACアダプタで動かすにせよ電源の確保も大変です。

そして音が出ない等のトラブルがあった時に原因を探すのも大変です。



さらに



例えばA曲→B曲→C曲という順番で演奏をする場合、

曲間でいちいちコンパクトエフェクターの設定を変えたり

必要なエフェクタのON、不必要なエフェクタのOFFをする必要が出てきます。


基本的にエフェクタは足で踏んでON/OFFを操作するので

あっち踏んでONにしてこっち踏んでOFFにしてって数が多いと踊ってるみたいになります。


踊れるギタリストになりたい場合はオススメかもしれません。


上記を解決するようなシステムの組み方もちゃんとあります。

コントローラーというのを足元に置いてそれに全てのエフェクターを繋ぐと、

例えばコントローラーの1ボタンを踏むとこれとそれがONになって、

コントローラーの2ボタンを踏むとあれとこれがONになるとか、

そういう便利グッズもあるにはありますが高価です。

それ系のシステムを組むなら10万円以上の出費は覚悟しましょう。



まとめるとコンパクトエフェクターの長所

・持ち運ぶ機材が小さいこと

・自分の好きな物を組み合わせることができること

・求める機能が分かっている場合にはシステムが最小限で済むこと


逆に短所としては

・単体だと機能が少ないしマルチと比べて割高

・大きなシステムを作ると運用が大変

・使い勝手の良い大きなシステムの構築は高価


と、こんなところですね。

お次はマルチエフェクターについて説明していこうと思います。

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る