TOP > ギター道場 > さぁアンプ買え♪

さぁアンプ買え♪


それではアンプを買ってしまいましょう♪

アンプを選ぶ際のポイントについてですが

ギターを弾く環境等によって変わってきます。

以下にいくつか具体例を上げますので、参考にしてみてください♪




1.自宅が完全防音室タイプさん



好きな物買ってください。

お金が許す限りフルスタックでもなんでも。




2.自宅が一軒家。少しは音が出せるタイプさん

管理人はヘッドフォンでの練習よりも

実際にアンプから音を出して練習することをオススメします。

(ヘッドフォンだと分かり難い事とか、どうしてもあるんです。)


そんなあなたには20Wから30Wの低出力タイプがオススメ。

ライブ等で使える程の音量を出すことはできませんが


近所から苦情がくる程度の音量は出ます。

ヘッドフォン端子なんかが付いてると便利ですね。




3.自宅が集合住宅。全然音が出せないタイプさん


ヘッドフォン必須です。

迂闊に音を出してギターを弾こうものなら


隣人の自称ヤクザが殴りこんできます。



木刀持って。




(体験談ですが何か?)


そんなあなたには15W程度の小型アンプがオススメ。

そして、ヘッドフォン端子がついている物。

さらに、CDin端子がついている物を選びましょう。


CDin端子がついているとCDコンポ等からアンプに出力することが可能になります。

そしてアンプのヘッドフォン端子にヘッドフォンを繋ぐと


CDコンポとアンプからは音が出ず、ヘッドフォンから両方流すことが可能になります。


管理人が所有していたアンプにはCDinが無かった為

アンプからはヘッドフォン、CDコンポからはイヤホンという二重構造で深夜練習してました。

物凄く耳が痛くなるのであまりオススメはできません。



ちなみに、管理人は現在このタイプ3に当てはまります。

練習環境についてちょっと書いておくと

メインになっているのはMTR(BOSS BR-1180)です。

これにギターを繋いで、さらにパソコンからの音をミックスしてます。


アンプのヘッドフォン、CDin端子の役割をMTRで

CDコンポの役割をパソコンで代用している感じです。

ちなみに、MTRにはアンプシミュレーターが入っているのでアンプは使っていません。




4.自宅が一軒家。でも苦情なんて気にしないタイプさん


50Wクラスを買いましょう。


理由はセンド及びセンドリターン端子の多くが50W以上のアンプについているからです。

この2つの端子について理解しておいて損はありません。

管理人も実家にいたころはこのタイプ4に当てはまってました。

アンプ選び チューブアンプ編参照)


50Wのアンプを持っているとどうしても大音量で鳴らしたくなります。

鳴らしちゃって良いと思いますが


管理人は一切責任を取りません。


自己責任でやりましょう。




さて、それではどのメーカーのアンプを買うかについてです。

えっと・・・




好みで。


お店に行って色々と音を出させてもらいましょう。

下手くそだって気にすることなんてありません。

店員さんに何か弾いてもらうのも良いでしょう。

気に入った音が出るものがあったらそれで良いと思います。


「音の違いなんてわからねぇYO!」という場合には

好きなアーティストが使用している物と同じメーカーの物を選んだり

外観で選んでみるのも良いと思います。

無骨な物からスタイリッシュな感じの物まで色々とありますので

まずは楽器屋さんに行ってみましょう♪

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る