TOP > ギター道場 > どんなギターがあるの?アコギ編その2

どんなギターがあるの? アコギ編その2


さて、前回はアコースティックギターについて説明しましたが、今回はガットギターです。



スティールと対を成すアコギ、それがガットギターです。

クラシックギターや、スパニッシュギターもこの部類に入ると捉えてOKです。

ちなみに「ガット」というのは羊の腸のことで、

昔は羊の腸を弦として張っていたんだそうです。(現在はナイロン)



さて、このガットギター。クラシックやフラメンコで広く使われています。

値段もアコギ同様、数万円のものから数百万円を越えるものがあります。

そして何故かごみ捨て場で一番よく見かけるのもコイツです。



音は非常に優しく、繊細でいて、暖かいような、丸っこいような感じです。

そういった音を出したいならスティールよりこちらがオススメ。

しかし、スティールでやるようなコードストロークはちょっと苦手です。

ガットギターでコードストロークを綺麗に弾く為にはちょっとしたコツが必要ですが、

うまく弾けるとスティールとはまた違った良い音が出ます。

少し攻撃的というか、フラメンコギターなんかを聞くと理解できます。



それと、ネック自体に厚みがあり、幅も広いという特徴があります。

クラシックやフラメンコの奏法上、弦と弦の間隔が広い方が良いんでしょうね。

しかし、ネックの幅が広い方が良いとはいえ、ごく稀にやり過ぎなガットギターと遭遇します。


明らかに広すぎるネックの幅。


明らかに分厚すぎるネックの厚み。


とっても手が大きい人用でしょうか。



タウンページ握り込めるくらいの手のサイズがないと

弾けそうにない物もたまにあります。

自分の手のサイズに合った物を選びましょう。

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る