TOP > ギター道場 > どんなギターがあるの?アコギ編その1

どんなギターがあるの? アコギ編その1


世の中にはどんなギターがあるのか。

ザックリとした説明ですが、今回はそれについてお話したいと思います。



まず、ギターは大きく生楽器と電気楽器に分けることができます。

生楽器はアコースティックギターやガットギター等、電子回路を使わず本体にある「サウンド・ホール」で音を出せるものです。

電気楽器は、「ピックアップ」を使って弦の振動を感じ取り、電子回路を使って音を出せるものです。

エレガット(エレクトリックガット)やエレアコ(エレクトリックアコースティック)は後者とも取れますが、一応前者ってことで。



では、まず生楽器から。

一番良く聞く単語かもしれませんが、アコースティックギターってのがあります。

でも、これは生楽器の総称なんです。ただ、ガットギターと区別する為に

スティール弦のものをアコースティックギター(アコギ)

ガット弦のものをガットギター(クラシックギター)と呼んだりしています。



スティール弦のアコースティックギターは、鉄の弦が張ってあるギターです。

一番目にする機会が多いのもこれかもしれません。


ギターの弦が切れて顔面にヒットするイメージが定着しているのもコイツです。

※でも本当はそんなこと無いです。



スティールのアコギは非常に用途が広く、コードストローク主体の歌モノから

テクニカルなソロスタイルまで、なんでもこなしてしまいます。

「ソロスタイルってなぁに?」という場合には、押尾コータローやJustin Kingを聴いてみると良いでしょう。



スティールのアコギはそれこそ数多くのメーカーが作っていて、値段も安いものなら9,800円

高いものだと数百万円を越えるものがあります。

そして、同じスティールのアコギでも得意分野があります。

GIBSONが作っているDOVEやハミングバードは、コードストロークが得意です。

一方、MARTINが作っているD-28等は、指弾き(ソロスタイル)が得意です。

まぁ好みの問題でもあるので、お店で色々弾かせてもらうのが一番です。



ちなみに、ひょろりが高校時代に使っていたアコギは新品で1万6千円程度の物でした。

ボディーにでっかく「みかん」と書かれたこのギターの愛称は、もちろん「みかん」

同級生に2万で売りました。

戻る/ ギター道場に戻る/ TOPに戻る